Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

フィトリフトの特徴とは|フィト発酵エキスと2つの成分を分かりやすく解析


引用:フィトリフト公式サイト

とっても使いやすいと人気のフィトリフト。

フィトリフトの人気の秘密は、フィトリフトシリーズの化粧品に配合されている3つの成分とその特徴にありました。

この記事では、フィトリフト化粧品に配合されている3つの成分と特徴を分かりやすく解析する内容になっています。

フィトリフトの3つの成分の特徴を解析

フィトリフト化粧品シリーズには、どの化粧品にも次の3つの成分が配合されている点が特徴といえます。

フィトリフトに配合されている成分

  • フィト発酵エキス
  • バラ子房エキス
  • ダイズエキス

フィトリフトオールインワンジェルにも「フィト発酵エキス」「バラ子房エキス」「ダイズエキス」が配合されているのが特徴といえますね。

フィト発酵エキスを解析|オリジナル開発成分

フィトリフト化粧品の一番の特徴は、フィト発酵エキスが配合されていること。

フィト発酵エキスとは、穀物類である白タカキビをパントエア菌という微生物で発酵させてできたエキスなのだそうです。

発酵エキスにはお米・黒糖などいろいろな発酵エキスがありますが、フィト発酵エキスは白タカキビを発酵させてできたエキスだったのですね。

フィト発酵エキスの特徴は、美肌をまもる免疫細胞マクロファージを活性化させる働きがあるそうです。

フィト発酵エキスをお肌に補給することによって、とても美肌効果が期待できるとのことでした。

フィト発酵エキスの働きを解析してみると、フィト発酵エキスには次のような働きがあることが分かったそうです。

フィト発酵エキスの働き

  • 潤い力…ヒアルロン酸の6.14倍
  • 弾力…コラーゲンの3.13倍

フィトリフト化粧品にはオールインワンジェルに限らず、どの製品にもフィト発酵エキスが配合されています。

そういったことを考えると、フィト発酵エキスはフィトリフト化粧品を代表する成分であることが分かりますね。

バラ子房エキスを解析|フィトリフト

バラ子房エキスとは、バラの花の付け根にある子房から抽出されたエキスのこと。

バラ子房エキスにはお肌に大切な成分が含まれているとのことで、美肌の維持には欠かせないエキスということです。

バラ子房エキスをお肌に使うと、お肌が柔らかくなる作用やみずみずしいお肌になる作用が期待できるとのことでした。

フィトリフト化粧品にはどの化粧品にも、バラ子房エキスが配合されています。

ダイズエキスを解析|フィトリフト

ダイズエキスとは、大豆から抽出されたエキスのことになります。

最近では、ダイズに含まれる大豆イソフラボンが注目されていますよね。

ダイズエキスにも、大豆イソフラボンがたくさん含まれているそうです。

大豆イソフラボンたっぷりのダイズエキスには、ハリや弾力をアップする効果が期待できるとのことでした。

フィトリフト化粧品のハリや弾力の作用は、ダイズエキスの働きにもあったのですね。

オールインワンジェルの3つの成分を解析|まとめ

フィトリフト化粧品の特徴を3つの成分の働きから解析してきました。

フィトリフトの3つの成分

  • フィト発酵エキス
  • バラ子房エキス
  • ダイズエキス

フィト発酵エキスはオリジナル開発成分。

フィト発酵エキスの効果が気になるときには、時短ケアが可能なオールインワンジェルからお試しがおすすめです。

フィトリフトオールインワンジェルの効果的な使い方とは

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする